歯科での定期健診

科医院に通うのは、虫歯になったときや、歯周病が気になるときなど、お口のトラブルを感じるようになったときだけだと考えている方がとても多いです。 しかし、一生自分の歯を使い続けたいということであるならば、何もトラブルを感じなくても定期的に歯科で定期健診をしてもらうことをオススメします。 というのも、毎日の歯磨きできちんと磨けていると思っていても、意外と磨けていない部分が存在したり、歯並びの関係でどうしても歯垢が溜まりやすくなってしまっているところが存在したりします。 小さなトラブルが、いずれ大きなトラブルになっていってしまうため、定期健診で初期の小さなトラブルを発見できれば、虫歯や歯周病などの予防にもなります。

歯科は何となく怖いところというイメージを払拭できていない方が、大人にも多くいますが、そういう方こそ定期健診に通い、痛くなる前に小さなトラブルを発見するという習慣をぜひつけていただきたいです。 痛くなってから通うと、治療のために何度も通院する必要があるだけでなく、治療にともなう痛みもあります。 そういった痛みや煩わしさを避けるために、半年に1度だけ定期健診に通うと思えば、決して苦ではないはずです。

歯科で行われる定期健診の内容は、虫歯や歯周病のチェックだけでなく、正しい歯ブラシの指導、粘膜部分など口腔内のトラブルのチェックを行い、場合によって歯石除去やブラッシング指導、歯の表面を磨いてトリートメントするなどのケアが行われます。 定期健診の頻度は、3か月から半年に1度のペースが良いと言われています。 特に、日ごろから虫歯や歯周病を繰り返しているような方は、1~2か月に一度健診を受けると安心です。 健康な歯の方でも、どんなに忙しくとも年に1度はチェックしてもらうよう、習慣をつけると良いですね。

 

▽PICK-UP
もしホワイトニングに興味のある方は普通の歯科より審美歯科などが専門的に行っています。料金やサービスなどはこちらのサイトが参考になります⇒審美歯科